まずはお気軽にお問い合わせ下さい。


体験室 ここでは、スナミメソッドを用いた指導法を具体的に体感していただくことができます。

  • 親子体験室(課題)
  • 算数体験室(課題)

まず「問題」をよく読み、「解き方のヒント」を参考に問題を解いてみましょう。

その後、「解説と正解」ボタンをクリックし、答え合わせをしてください。

国語体験室 1

問題

次の文を読み、(   )に入るものとして最も適当なものを次から選び、記号で答えなさい。

あたしには、その箱は派手な花柄に思える。(   )。

ア:すてきな香りがしてきそうな。
イ:ママのスカートみたいな。
ウ:落ち着いた雰囲気のある。
エ:ママのやさしい笑顔みたいな。
オ:なまめかしい魅力がある。

(「芝中」より)

解き方のヒント

  • まず、どれが当てはまるか記号を選んでみましょう。
  • もう一度、よく考えましょう。<派手な><花柄>という語句を手がかりにします。アからオまでは、「まるで~のような」という比ゆ表現です。
  • 以上を参考にふたたびどれが当てはまるか考えてみましょう。

スナミメソッドによる解説と正解

ページの先頭へ戻る

国語体験室 2

問題

次の箇条書きを2回読み、後の問いに答えなさい。

  • 幸平は父が大事にしている自転車に乗りたがっていた。
  • その自転車は、丈夫で重いものだった。
  • 父は、幸平がその自転車に乗ることを許さなかった。
  • そして、ある日、あいにくの小雨だが、家の近所にある下り坂のところで、父に秘密で初めて父の自転車に乗ってみた。
  • いわゆる三角乗り(この言葉の意味はわからなくてもかまいません)は、初めのうちはうまくいかなかった。
  • 三角乗りの練習をした後、調子よく坂を下っていった。
  • しかし、転んでしまった。
  • 自転車は無傷だったが、幸平は鼻血を出した。
  • そして、幸平は自転車を起こして坂を上がろうとした。
  • わずかな上り坂だったが幸平には「この怪物を片手でおすことはできなかった」。

問い: 「この怪物」とありますが、この表現からこの時の幸平のどのような気持ちがわかりますか。最も適切なものを次の中から1つ選び、記号で答えなさい。

ア:簡単に三角乗りをさせてくれない自転車をいまいましく思っている。
イ:きっと自分はすぐには自転車に乗れるようにならないだろうとあきらめている。
ウ:この重い自転車に楽々と乗っている父に改めて尊敬の念をいだいている。
エ:鼻血をおさえようにもそれを許さない自転車をもてあまして困っている。
オ:雨の中でいっそう重く感じる自転車を家までおしていくのは無理だと感じている。

(「慶應義塾普通部」より)

解き方のヒント

  • <この怪物><この表現><この時>という語句を手がかりにしてください。アからオのうち、この3つをすべて含んでいるものはどれですか。

スナミメソッドによる解説と正解

ページの先頭へ戻る

国語体験室 3

問題

次の箇条書きを2回読み、後の問いに答えなさい。

  • 節子は素直に感情を出す女の子である。
  • 信一はそんな節子に好ましい印象を持っていた。
  • 学校からの帰り道に、信一は節子から最近転校して来た小夜子(さよこ)になぜ興味を持っているのかを聞かれた。
  • 信一は答えなかったが、顔つきから節子にわかってしまったようである。
  • 信一は、心の中では小夜子の才能に対するあこがれや尊敬に近いものを持っていた。
  • 信一は、節子に対する感情が小夜子が転校してきたことで急速に色あせてきたことが自分でわかった。
  • 信一を見る「節子の視線にこれまでとは違う光があらわれるようになった。」

問い: 「節子の視線にこれまでとは違う光があらわれるようになった。」とありますが、ここには節子の信一に対するどんな気持ちがあらわれていますか。80字から100字程度で記述しなさい。

(「武蔵中」より)

解き方のヒント

  • 多くの受験生は、記述問題が不得意ですね。まず、3人の関係を簡単に1分間で書いてみましょう。
  • 次に、何を書けばいいのか、その素材集めをします。箇条書きから想像できる素材は次の通りです。
    節子は信一のことが好きである。
    信一も、はじめは節子に好意を寄せていた。
    しかし、信一は転校してきた小夜子にあこがれや尊敬に近いものを感じるようになった。
    節子は、信一の小夜子に対する思い(=好意)を感じとるようになった。
    節子は、信一の小夜子に対する思い(=好意)が気がかりで、ちょっとしたしっとを感じている。
  • 設問のポイントは次の通りです。
    「節子の視線にこれまでとは違う光」は比ゆ表現です。
    「視線」は、信一に対する心情です。
    節子の信一に対する心情には、信一の小夜子に対する心情も関係します。
    「これまでとは違う」は「これまで」のことと「今のこと」の両方を書きなさい、という意味です。
  • 以上をもう一度読んで、解答を書いてみましょう。ただし、以前に書いた記述は、消さないでください。

ページの先頭へ戻る

スナミメソッドプロジェクトのサービス内容